2018年12月08日

12月8日

ついに降ってしまった、雪が!
こちらは、冬の始まりです。

【Aスツール01】布テープ編み
こんな感じで編んでます。(クッション入り)
IMG_2198.JPG

IMG_2199.JPG

※上部写真のスツールだけ脚部の形が違います。
IMG_2196.JPG

IMG_2200.JPG


【Aスツール01】イタヤカエデ
山形県 A様に納品させていただきました。ありがとうございます。
(布テープの色も選んでいただいての製作でした)
IMG_2205.JPG

IMG_2206.JPG


残り3脚、近日中に 当工房のHPにて販売させていただきます。
興味のある方は、ぜひご覧ください。


<木はカタチを変えて人に出逢う>
家具工房ALKU

posted by alku at 19:10| Comment(3) | 日記

2018年12月04日

12月4日

早くてもう12月です。
ラジオでは、クリスマスの曲が流れ始めています。
気持ちだけ、何か、あせっている感じです。
まだ、雪が降らない・積もらない これだけは助かります。
正月過ぎに雪降ってくれるとたすかるんですけどね?

木って不思議です。
製材するとこんなにも変わります。
童話のみにくいアヒルの子が、成長すると美しい姿に変わる。
製材作業の後に、いつも感じる事です。
IMG_2191.JPG


ただ今、製作中の<キャビネット>こんなカタチになります。
IMG_2189.JPG

部材(各板材)だいぶ出来上がってきました。
後は、墨付け・加工です。
製材・部材作り これが一番時間がかかります。



“木はカタチを変えて人に出逢う”
家具工房ALKU
posted by alku at 08:50| Comment(2) | 日記

2018年11月27日

11月27日

たまには、いつもと違うブログ発信?

私は、<田端義雄>さんに憧れています。
木工を始めた頃に、田端さんが書いた、この文面に出逢いました。
IMG_2188.JPG


『木工家としての私の腕や技術は二流だ、多分今でも・・・・・・
しかし、家具作りの情熱がある、モーザー・デザインのチェリーの家具への信仰のようなものがある、
本物の家具への祈りある。
木工家のはしくれゆえ、人様のために椅子やテーブルを作る事もある。自分の美的センスや才能を
発揮する良いチャンスだし、友人や知り合いのために作るのは、木工家の歓びでもある。
家具作りは孤独な仕事だ、一ヵ月以上もかかるキャビネット作りは、高山の頂きを目指す登山のようだ。  もっと遠くまで、もっと巧みに、もっと美しい家具を、孤独を友として木工家は木工に集中し続ける、
ウッド・ワーキング(木工)は孤独への献身でもある。
木工は、木工家に忍耐を強いる。桜の原木を買ってそれを板にして、庭に積み上げて自然乾燥させる。
その桜の板が加工できるようになるまで、3年は待たなければならない、木は自然そのものだ。
自然の時間はゆったりしている、すべてを忘れ、君を忘れ、木工室に一人いることの、この安心感や
幸せはそこから来る。木工室は30畳(15坪)の広さ、マシンルームと組み立て部屋の2部屋からなっている 木工術は、木工部屋の進化発展と運命を共にする、どんなに小さなワークショップでも、
それは工場なのである。工場は労働力と生産の場である。
木工室は整理整頓されていて、明るく清潔でなければならない。木工術は危険を伴う仕事でもある。
ワークショップのレイアウトは重要だ。工場にも美しいオフィスが必要だ。
木工家は、道具好きが木工家になる、その道具を使いこなして、自分の手と頭で家具を作りあげる。
木工工場の美徳はコンテンポラリーなマシン類と、前世紀的な手道具が混然一体となってそこにあるのだ  パワーツールだけでは家具は作れない、昔ながらのノミやカンナが必要だ。
そして、日本の伝統的な木工具や刃物は素晴らしい、日本の木工手道具は木を多く使っていることだ。
働け、弱きになるな、もっと素敵な、もっと美しい家具を作れ、歓びは忍耐の後に訪れる、
ついに仕上がった家具をうっとりした気持ちでみつめる、誇らしげな笑顔がある。
植物オイルが塗られ、ワックスで磨かれピカピカに光っている。
家具は私たちに最も身近な “木のファンクショナル・アート(実用的な芸術)”であればと思っている。』
                               (田渕義雄 “森暮らしの家”より)

自分が孤独に負けそうになった時などは、力を与えてくれる文面です。
illst.jpg

プロフィール
田渕 義雄
1944年東京生まれ。作家。1982年、八ヶ岳に程近い金峰山北麓の山里に居を移し、作家活動を続ける。 自給自足的田園生活を実践して孤立無援をおそれず、自分らしく生きたいと願う人々に幅広い支持を得ている。また園芸家、薪ストーブ研究家、家具製作者でもある。


posted by alku at 17:15| Comment(4) | 日記

2018年11月26日

11月26日

先週末に雪が降って、だいぶ焦りましたが
消えてくれた、ホット一息
正月まで積もらないで欲しいな〜?

只今、 板材製作中
IMG_2173.JPG

IMG_2172.JPG

この板材、何に変身するかお楽しみに!
詳細はもう少しカタチになってから報告致します。

追伸
<もの好きオヤジ達の、こじんまりキャンプファイヤー&野外デナー>
初雪が降ったこの時期に、とある場所でキャンプの達人たちに誘われて、野外デナー
この日はたまたま、夜は晴れてとある町の夜景が綺麗に見ながらのデナータイムになりましたよ。
月も満月、申し分なし。
アルコールが入ると、心身ともにほっかほっか?
素直になれる、ひと時を過ごさせていただきました。
IMG_2180.JPG

IMG_2177.JPG

寒さ知らずの、キャンプの達人たち
今度は、雪が積もった、雪上の上でのデナーを計画中だとか
やるね。キャンプ達人  

<木はカタチを変えて人に出逢う>
          家具工房ALKU
posted by alku at 10:25| Comment(2) | 日記

2018年11月19日

11月19日

今日も寒いです。
ストーブ・煙突掃除して、いざ冬の寒さ対策。
(これで作業場全部はあったまらないけどね)
IMG_2150.JPG

IMG_2151.JPG

IMG_2167.JPG

IMG_2168.JPG

只今 <Aスツール01> 製作中
IMG_2165.JPG

IMG_2166.JPG

焼印入れて ALKUブランド に?
IMG_2169.JPG

IMG_2170.JPG

オイル乾燥中
IMG_2171.JPG

乾燥したら、布テープ編み また、雰囲気変わりますよ。

“木はカタチを変えて人に出逢う” 
家具工房ALKU
posted by alku at 08:32| Comment(2) | 日記

2018年11月12日

11月12日

【ものづくり達のFes】無事に出店してきました。
 同時開催 <灯り展>
大石田駅前 <KOE no KURA>にて
ご来場して頂いた方々ありがとうございました。
また、主催者の“LampShop8969(黒沼さん)”ご苦労様でした。
開催前の準備時間 風景
42990436_2203432053267842_6668831484691873792_o.jpg

IMG_2154.JPG

IMG_2155.JPG

IMG_2156.JPG

灯り展
<月山和紙あかり>
IMG_2159.JPG

IMG_2158.JPG

<LanpShop8969>
IMG_2161.JPG

IMG_2162.JPG

<ALKU>出展品
製品に興味を持って頂いた方々ありがとうございました。
また、ご注文して頂いた方々ありがとうございました。
IMG_2152.JPG

IMG_2153.JPG

IMG_2157.JPG
posted by alku at 08:59| Comment(4) | 日記

2018年11月05日

11月5日

42990436_2203432053267842_6668831484691873792_o.jpg

11/10・11(土・日)
大石田駅前  <KOE no KURA> にて開催
家具工房ALKUも出店します。
皆さんお誘い合ってご来場ください。

ALKUちょとだけ人気商品のこれも出展しますよ
IMG_2068.JPG

数量限定ですので、お早めにお出で下さい。
製作間に合うかな?

家具工房ALKU
posted by alku at 22:58| Comment(2) | 日記

2018年10月30日

10月30日

今日は雨、寒くなってきました。
【Book Shelf】こんなカタチになりました。
材   イタヤカエデ
   (全体的に白くて、明るい材料です。雰囲気はいかがでしょうか?)
サイズ 幅1200×奥行310×高さ800
仕上  オイルフィニッシュ(亜麻仁油)
特長  上段 背板付きの棚になってます
    中段 B5サイズが収納でいす
    下段 A4サイズが収納できます
IMG_2148.JPG

IMG_2147.JPG

後ろ姿
IMG_2149.JPG

脚部
IMG_2145.JPG

IMG_2146.JPG

側面
IMG_2144.JPG

只今、オイル乾燥中
近日、嫁ぎます

あ〜 製品の撮影場所が欲しい、今日この頃です。
現場写真ですいません。

家具工房ALKU 
posted by alku at 17:00| Comment(3) | 日記

2018年10月24日

10月24日

寒暖差激しい今日この頃
風邪などひかずにお過ごしでしょうか?
こちらは、油断したみたいです、
鼻水が出る毎日です。

ただ今、【Book Shelf(本棚)】製作中
今回の材は “イタヤカエデ材” ナラ材の他にも
お客様に選択提供出来るようにしたいと思います。
特長は、木肌がメープル材に似ていて白いのが特長です。
カタチになれば、どんな雰囲気になるのか、
乞うご期待ください。美しい材ですよ。
(木取り)
IMG_2101.JPG

(部材加工済み)
IMG_2120.JPG

(組み付け中)ベルトでがんじがらめ
IMG_2124.JPG


【シンプルな壁掛け時計】
こちらも、クラフト展・HP木の小物(商品追加)で製作中です
IMG_2069.JPG

IMG_2068.JPG

IMG_2122.JPG

  『木はカタチを変えて人に出逢う』
どんな人に出逢うのか楽しみにしています。

家具工房ALKU
posted by alku at 19:14| Comment(3) | 日記

2018年10月17日

10月17日

久しぶりの遠出 in 盛岡

 岩手山がどっーんと、迎えてくれました
 いつ見ても、雄大です 
IMG_2103.JPG

 盛岡駅
IMG_2106.JPG


 先日、林野庁東北管理局主催の国有林モニター現地見学会に参加してきました。
 今回のテーマは、
   1.シカによる森林被害とその対策
   2.林業の低コスト化にむけた取組
   3.コンテナ苗による植栽について

 各項目ごとに、現場を視察させていただきました。
 1.シカによる森林被害とその対策 については杉の苗木植栽後にシカに食べられないように、
  広範囲でネットを張り苗木を守る対策、全て人力、人里離れた場所で並々ならぬ苦労をしながら、
  山を維持していることを知りました。
   (写真撮影忘れました)
 2.林業の低コスト化にむけた取組 については、森林伐採後に地場をならし、
  すぐに植栽するシステムによる一括作業で、重機を何度も現場に搬入しなくてよく、
  作業費コストが抑えられるとのことです。
  伐採後の地場整地は大変な作業だと感じました。
  人力伐採・重機による伐採も見せいただきました。
IMG_2110.JPG

IMG_2111.JPG

IMG_2112.JPG

IMG_2113.JPG

 3.コンテナ苗による植栽について は、コンテナに工夫がなされていて、
  根が下に真っ直ぐに伸びる構造になっており、植栽がしやすくなっていました。
  前後左右2m間隔で植栽していくそうです。
  80〜100年後の未来のためにの植栽です。地道な作業です。
  参加者全員で植栽やって来ましたよ
IMG_2117.JPG

IMG_2119.JPG

IMG_2118.JPG

今回、国有林モニター見学会を計画・実施して頂いた 東北森林管理局の皆さんご苦労様でした。
また、来年も知らない世界を拝見に参加させて頂きたいと思います。
国有林モニターの任期が2年なので、いろいろ山・森・木について勉強させていただきます。

当工房は、木はカタチを変えて人に出逢う をキャチコピーにしていますので、その木の生育を
学習しながら、製作していきたいと感じました。私のもとに来るまでは何十年もの歳月を重ねた
木が来ること、それにカタチを与えるために製作していくことは、木に敬意を感じながら作業
していきたいと感じました。良い旅になりました。

家具工房ALKU 
posted by alku at 11:39| Comment(2) | 日記