2018年11月27日

11月27日

たまには、いつもと違うブログ発信?

私は、<田端義雄>さんに憧れています。
木工を始めた頃に、田端さんが書いた、この文面に出逢いました。
IMG_2188.JPG


『木工家としての私の腕や技術は二流だ、多分今でも・・・・・・
しかし、家具作りの情熱がある、モーザー・デザインのチェリーの家具への信仰のようなものがある、
本物の家具への祈りある。
木工家のはしくれゆえ、人様のために椅子やテーブルを作る事もある。自分の美的センスや才能を
発揮する良いチャンスだし、友人や知り合いのために作るのは、木工家の歓びでもある。
家具作りは孤独な仕事だ、一ヵ月以上もかかるキャビネット作りは、高山の頂きを目指す登山のようだ。  もっと遠くまで、もっと巧みに、もっと美しい家具を、孤独を友として木工家は木工に集中し続ける、
ウッド・ワーキング(木工)は孤独への献身でもある。
木工は、木工家に忍耐を強いる。桜の原木を買ってそれを板にして、庭に積み上げて自然乾燥させる。
その桜の板が加工できるようになるまで、3年は待たなければならない、木は自然そのものだ。
自然の時間はゆったりしている、すべてを忘れ、君を忘れ、木工室に一人いることの、この安心感や
幸せはそこから来る。木工室は30畳(15坪)の広さ、マシンルームと組み立て部屋の2部屋からなっている 木工術は、木工部屋の進化発展と運命を共にする、どんなに小さなワークショップでも、
それは工場なのである。工場は労働力と生産の場である。
木工室は整理整頓されていて、明るく清潔でなければならない。木工術は危険を伴う仕事でもある。
ワークショップのレイアウトは重要だ。工場にも美しいオフィスが必要だ。
木工家は、道具好きが木工家になる、その道具を使いこなして、自分の手と頭で家具を作りあげる。
木工工場の美徳はコンテンポラリーなマシン類と、前世紀的な手道具が混然一体となってそこにあるのだ  パワーツールだけでは家具は作れない、昔ながらのノミやカンナが必要だ。
そして、日本の伝統的な木工具や刃物は素晴らしい、日本の木工手道具は木を多く使っていることだ。
働け、弱きになるな、もっと素敵な、もっと美しい家具を作れ、歓びは忍耐の後に訪れる、
ついに仕上がった家具をうっとりした気持ちでみつめる、誇らしげな笑顔がある。
植物オイルが塗られ、ワックスで磨かれピカピカに光っている。
家具は私たちに最も身近な “木のファンクショナル・アート(実用的な芸術)”であればと思っている。』
                               (田渕義雄 “森暮らしの家”より)

自分が孤独に負けそうになった時などは、力を与えてくれる文面です。
illst.jpg

プロフィール
田渕 義雄
1944年東京生まれ。作家。1982年、八ヶ岳に程近い金峰山北麓の山里に居を移し、作家活動を続ける。 自給自足的田園生活を実践して孤立無援をおそれず、自分らしく生きたいと願う人々に幅広い支持を得ている。また園芸家、薪ストーブ研究家、家具製作者でもある。


posted by alku at 17:15| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
深いですね・・・私もそうありたいと思いました。
Posted by K550 at 2018年11月28日 13:11
>K550様

憧れの人の名前間違えました。
(田端義雄)を(田渕義雄)に訂正して下さい。

私の好きな文面です。
Posted by 管理人 at 2018年12月04日 08:55
今日は、本間さんと楽しいお酒を楽しんでいます。これからも、山を含も楽しみたいですね。宜しくっす。!!
Posted by mk.kashi at 2018年12月07日 19:21
>mk.kashi様

コメントありがとうございます。嬉しいです。
先日はこちらこそ楽しい時間をありがとうございました。また、来年ご一緒に山に行けることを楽しみにしています。また、時間があればコメントください。自分の中では<ジェントルマン・kashi>さんですよ
Posted by 管理人 at 2018年12月14日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: